2018/06/19 07:00

久保恵子、皆藤愛子、高見侑里 きれいなお天気お姉さん図鑑

『KUBO’K』(ぶんか社)より 撮影/藪下 修
『KUBO’K』(ぶんか社)より 撮影/藪下 修

 日本の「天気予報」の歴史を振り返ると、明治時代まで遡る。1875年に気象庁の前身である「東京気象台」が設立され、気象観測が開始。その9年後、日本初の天気予報が発表された。

 そして1953年、天気予報は初めてテレビ放映される。1963年には、日本気象協会からNHKに出向した大塚龍蔵氏が初の“お天気専門キャスター”に就任。その後、天気予報はニュースの定番ラインアップの1つとなったが、読み上げるのは男性キャスターが多かった。

 転機が訪れたのは、1993年だった。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が説明する。

「NHKの『おはよう日本』で、初の女性気象キャスターである折坂章子アナが登場。そして同年、当時まだ現役の上智大生だった久保恵子がフジテレビの『FNNおはよう!サンライズ』で爆発的人気となりました。

 その流れを受け、後継番組の『めざましテレビ』で芸能事務所セント・フォースの角田華子を抜擢して人気に。2代目の吉田恵もブレイクしたことで『セント・フォース=お天気キャスター』の関係が形成された」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >