2018/06/12 16:45

美人ソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナがサッカーW杯開会式でロビー・ウィリアムスとともにデュエット

(C) Decca / Simon Fowler
(C) Decca / Simon Fowler
 ロシアの美人ソプラノ歌手アイーダ・ガリフッリーナが、サッカーの「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」の開会式に出演することが発表された。

 世界中が注目する「2018 FIFAワールドカップ ロシア大会」開会式は、現地時間6月14日に行われ、アイーダは英国を代表するアーティスト、ロビー・ウィリアムスとともに一夜限りのデュエットを2曲披露する予定。彼女たちが歌うルジニキ・スタジアムは、今回のロシア大会において決勝戦が行われる会場で、ロシア国内最大の球技専用競技場。収容人数は8万人とも言われている。従来のワールドカップの開会式は2時間前後の規模で行うことが多かったが、今回は30分に凝縮されるので、その歌声により注目が集まりそうだ。

 オープニング・セレモニーの参加についてアイーダは、「2018 FIFAワールドカップは今年もっとも期待されているスポーツ・イベント。そこでロビーと共演できることにわくわくしている。それはとても名誉なこと」と喜びをコメント。また、「私は自分の国を誇りに思うし、大会に相応しい素晴らしいスタートが切れることを願っているわ」と自国代表に対してコメントも残している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >