2017/06/02 06:00

『リバース』のタイトルには複数の意味が隠されている? 第7話までを徹底検証

 『リバース』(TBS系)は、そのタイトル通り10年前のある事件の記憶を“逆”再生して、真実に迫るドラマ。そのタイトルがカタカナであるため、様々な“リバース”がつながって楽しい。

 最初に思い浮かぶのは、やはり“Reverse”だ――。主人公の深瀬(藤原竜也)は、何をしても“裏目”に出るような冴えない人物だ。いわゆるスクールカーストでは下層に位置する目立たない存在。だが、大学では人あたりの良い広沢(小池徹平)という親友ができたことで、それまでの立ち位置とは“逆転”する。深瀬の特技はコーヒーを淹れること。広沢の実家で採れるミカンのハチミツを入れ、オリジナルの味を楽しむ毎日に心が満たされていた。さらに、活発な野球青年の谷原(市原隼人)、クールでイケメンの浅見(玉森裕太)、議員の父を持つセレブな村井(三浦貴大)と、ゼミ仲間として派手なグループに入ることもできた。やっと掴んだ幸せとそれを失う絶望は、まさに“裏表”。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >