2017/07/04 06:00

“不倫したい男”の二大スター、斎藤工とディーン・フジオカの共通点

 “不倫モノ”のドラマ・映画が、このところ注目を集めている。2014年に社会現象となったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ)から3年後を描いた映画『昼顔』は、公開から4週経ったものの、興行通信社が7月3日に発表した全国映画動員ランキングで6位にランクイン。ロングランヒットを続けている。一方、TBSで放送されていたドラマ『あなたのことはそれほど』は、6月20日に放送された最終回の視聴率が同番組最高の14.8%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を記録、有終の美を飾った。

 芸能人の不倫報道や、それに伴うバッシングが過熱しているように、昨今の“不倫”に対する世論は決して易しいとはいえない。しかしながら、こうした作品に注目が集まるのは、少なからずそうした願望を抱く人々が多いということの証なのかもしれない。

 そんな風潮の中、特に大人の女性たちを刺激してやまない俳優というと、斎藤工(35歳)とディーン・フジオカ(36歳)の名が挙げられるのではないだろうか。前者は、言わずと知れた『昼顔』の北野裕一郎役で、メガネをかけた柔和そうなルックスと、ラブシーンでの匂い立つようなエロスのギャップは、上戸彩演じる笹本紗和のみならず、多くの視聴者の心と身体を火照らせた。対するディーン・フジオカは、2015年放送のNHK連続テレビ小説『あさが来た』五代友厚役でブレイク。180cmの長身と甘いマスクが主婦層の支持を集め、劇中で亡くなった時は“五代ロス”なる言葉さえ生まれた。最近では映画『結婚』で結婚詐欺師の役柄を演じ、やはりそのセクシーな演技が話題となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >