2017/08/04 06:00

『劇場版ポケモン』は大人も楽しめる定番アニメ映画にーー20年間愛され続けてきたシリーズの底力

「ポケットモンスター縮めてポケモン」

参考:バック・トゥ・ルーツの『ポケモン』、夏休み興行でスタートダッシュ!

 このセリフを聞いたことがない人は、筆者と同じ20代にはほとんどいないのではないだろうか。1996年に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター赤・緑』からスタートしたポケモンシリーズ。1998年からは劇場版映画も製作されており、現在公開されている映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、記念すべき20作品目となった。アニメ版の第1話で描かれたピカチュウとの出会いと、1話以降は現れることのなかったホウオウを追う模様が描かれる、メモリアルな内容となっている。ポケモンとの友情を描く王道的なストーリー展開で、子どもたちが楽しめる作品であると同時に、ポケモン第一世代ともいえる20~30代にとっては、目頭の熱くなる作品となっている。

 まず、我々の世代を感慨深くさせるのは、子どもの頃に観た名シーンが新たに描きなおされているところだ。映画序盤、オニスズメにサトシとピカチュウが襲われるシーンは、ほぼオリジナルアニメ版と同様の流れになっていて、あのオニスズメの大群を現在のグラフィック技術で表現されていることに、嬉しさが込み上げてくる。今でこそサトシを1番の友と慕い、懐いているピカチュウだが、初期のツンツンした姿も可愛いものだ。劇場で観ていたアニメ1話を知らない子供たちが、当初のサトシとピカチュウの関係性に驚いた顔でスクリーンを観ていたのも印象的だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン