2017/09/05 06:00

『コード・ブルー』ハードな作風を成立させる、新木優子の存在感 軽やかな演技の魅力を探る

 月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ)が、残るところあと2話となり、さらに佳境を迎えている。昨日9月4日に放送された第8話では、戸田恵梨香演じる緋山美帆子に、患者の感染症が伝染するという緊迫した事態となった。第9話から最終回にかけては、千葉新都市地下鉄開通前の線路内で発生した崩落事故から起こるストーリーを展開するとのことで、登場人物たちはさらに大きな決断を迫られそうだ。(メイン写真は左、馬場ふみこ。右、新木優子)

参考:『コード・ブルー』ヒットに導いた仕掛け人、増本淳プロデューサーの手腕を読む

 毎回、人の命を巡る重厚かつ緊張感のある物語が繰り広げられている『コード・ブルー』。深い悩みを抱えた登場人物が多い中、良い意味での軽やかさを持っているのが、新木優子演じるフェローの横峯あかりだ。ライターの麦倉正樹氏は、横峯あかりというキャラクターの重要性を、次のように指摘する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >