2018/02/21 12:30

乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾は「吉本坂46」 秋元康と吉本興業がタッグ

 乃木坂46・欅坂46に続く“坂道シリーズ”の第3弾として、吉本興業と秋元康のタッグによる「吉本坂46」の始動が発表された。

 芸人、落語家、文化人、俳優、タレント、スポーツ選手、ミュージシャン、アイドル、ダンサー、パフォーマーらよしもと所属タレント約6000人が対象。芸歴、男女不問で、よしもと所属であれば誰でも応募可能だという(ユニットの芸人でも個人でのエントリーも不問)。

(参考:吉本興業、なぜダンスアカデミー設立?)

 2月21日朝には会見が行われ、会場には「巨大プロジェクト発表記者会見」とだけ知らされた芸人と、体操選手の田中光やバイオリニストの山瀬理桜といった文化人・スポーツ選手も集められた。冒頭、MCの陣内智則が「みなさんの芸人人生を左右するかもしれない発表をします」と予告し、各地の劇場や住みます芸人も配信で見守るなか、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、代表取締役社長の藤原寛が登場。藤原の口から「よしもとの芸人6000人を対象としたグループ、吉本坂46を結成します」と発表されると、会場がざわついた空気に包まれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >