2018/03/03 06:00

鈴木亮平、西郷吉之助役になぜハマる? 『西郷どん』で見せるストイックさと包容力

 NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公、西郷吉之助(隆盛)を演じている鈴木亮平。難解な薩摩弁をマスターし、相撲好きだったという西郷を演じるにあたり相撲の稽古にも励み、役と向き合うその姿勢は相変わらずストイックだ。チャーミングだけど、無防備で無鉄砲。泥臭くなりすぎないバランス感覚に品の良さも感じられる。

参考:橋本愛、視聴者の心を掴んだ大粒の涙 『西郷どん』難役・須賀を好演

 第8話「不吉な嫁」では、橋本愛演じる最初の妻・須賀との切ない別れの場面はとくに印象的で、彼女が秘めていた想いに寄り添い、女心には鈍感だった男の成長も見てとれた。愛想笑いもできない不器用な須賀の繊細な愛情表現をおおらかな包容力で受け止める。

 理想的な夫婦ゆえ、タイミングの悪さに運命の無情を感じる。実際、西郷は須賀との離婚を後悔していたといい、江戸に出発する前に家族の前で「吉二郎のことを兄と思う」というセリフも本人が同じ言葉を言ったと伝えられている。鈴木が演じる西郷は、ドラマならではの脚色があるにせよ、こんな男がいたら放っておけないと思わせる魅力がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >