2017/06/14 15:24

桂歌丸が退院「まだまだ療養」も落語会で開演前の舞台であいさつ

退院のあいさつを終え車で会場を出る桂歌丸
退院のあいさつを終え車で会場を出る桂歌丸

 肺炎などで横浜市内の病院に入院していた落語家の桂歌丸(80)が14日、退院した。この日、春風亭小朝(62)と出演予定だった落語会「特選 匠の噺会」には、高座にこそ上がらなかったものの、開演前の舞台に立ってあいさつ。客席から大きな拍手を浴びた。

 幕が上がると、カーディガンを羽織ってラフな服装の歌丸が、舞台の中央の椅子に座っていた。客席からは歓声と拍手が自然と出る。まずは「大変なご迷惑をおかけしました」と謝罪した歌丸が「正直言いまして、1時間半前に退院しました」と語ると、笑いが巻き起こる。持ち前のひょうひょうとした口調で「今年は入退院を繰り返していて、家よりも病院にいるほうが長いんです。今回の入院でも入り口で掃除のおばさんに“また来たんですか”とあきれられました」と畳みかけると、笑いは爆笑に変わった。

 10分強のあいさつは、まるでネタに入る前の枕のように質の高い笑いを提供。関係者は「このままネタに入ってしまうんじゃないか」と心配したほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >