2017/06/15 17:08

最終回目前 「リバース」「人は見た目が…」「ボク、…」視聴率と違う高満足度ドラマ

 春ドラマもいよいよ最終回を迎える。視聴率でみると天海祐希主演の「緊急取調室」(テレビ朝日、毎週木曜よる9時)や、長谷川博己主演の「小さな巨人」(TBS、毎週日曜よる9時)が初回から好調を維持しているほか、波瑠主演の「あなたのことはそれほど」(TBS、毎週火曜よる10時)は、ストーリーの展開とともに視聴率も上昇中だ。一方で視聴率よりも、満足度では高い数値を記録している作品もある。

 データニュース社(東京)のテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象2400人)によると、春ドラマで最も高い満足度を記録した作品(プライム帯、6月9日放送分データまで)は、藤原竜也主演「リバース」(TBS、金曜よる10時)の第8話で4・31(5段階評価)。第9話までの平均視聴率は8%台だが、満足度では最も好調な作品だ。今作は同局で過去に制作された「夜行観覧車」「Nのために」に続く人気作家・湊かなえ原作の連続ミステリー第3弾で、満足度が最も高かった第8話は「謎が解けたと思ったらまた謎。続きが楽しみ」(39歳女性)など、予測不可能な筋が好評につながった。最終回は原作にはない展開を見せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >