2017/06/16 07:02

野際陽子さん死去 NHKアナから転身“才色兼備”の先駆け

13日に亡くなった女優の野際陽子さん
13日に亡くなった女優の野際陽子さん

 NHKのアナウンサーを経て、司会者やTBS「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など多くのドラマで女優としても活躍した野際陽子(のぎわ・ようこ、本名同じ)さんが13日午前8時5分、肺腺がんのため都内の病院で死去した。81歳。富山市出身。15日に密葬が執り行われた。喪主は娘で女優の真瀬樹里(まなせ・じゅり)。故人の遺志でお別れ会も開かない。俳優の千葉真一(78)と離婚後は独身を貫いた。

 昼ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日)に出演中だった野際さんが静かに旅立った。関係者によると、5月中旬にがんと肺炎を併発して体調が悪化し、都内の病院に緊急入院。その後は小康状態が続いた。

 才色兼備の先駆けだった。フジテレビ「花嫁のれん」の出演中に体調を崩し、検査の結果、早期の肺がんと診断されたのが14年。治療は成功したが声が出づらい状態が続いた。

 翌15年春に再発し、摘出手術を受けた。一時は酸素吸入器を手放せないほどだったが、術後の抗がん剤治療が効いて次第に回復。仕事に戻ったが、今年5月に再び容体が急変。一人娘の真瀬樹里(42)や野際さんの親族、事務所スタッフらにみとられて息を引き取った。母の姿を思い、真瀬は「2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病でした。最期は、親族やスタッフに見守られ、抱きしめる私の腕の中で天国へ旅立ちました」とのコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >