2017/06/17 05:31

野際さん 最後の“娘孝行”、長女の事務所受け入れ頼んでいた

野際陽子さんの長女で女優の真瀬樹里
野際陽子さんの長女で女優の真瀬樹里

 肺腺がんのため13日に死去した女優の野際陽子さん(享年81)は、長女で女優の真瀬樹里(42)のために“最後のお願い”をしていた。2人が所属していた芸能事務所が解散したため、別の事務所に「娘の面倒を見ていただけないか」と頼み込んでいた。

 野際さんが1973年に結婚した俳優千葉真一(78)との間にもうけたのが、一人娘の真瀬。94年に映画「シュート!」でデビューして以来、女優として活動してきた。その真瀬は今年4月21日から、大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」に所属。仕事が増えるきっかけになったが、これこそが野際さんの“娘孝行”だった。

 野際さんと真瀬は同じ芸能事務所に所属していたが、その事務所が昨年解散。母娘ともにフリーで活動していた。実績のある野際さんは名前だけで仕事が決まるものの、真瀬はそう簡単ではなかった。野際さんは死が遠くないと悟っていたのか、「私のことはいい。心配なのは娘。まだまだこれからなのよ」と将来を案じていたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >