2017/06/17 05:31

黒柳徹子 60年来の親友・野際さんに手紙、虫の知らせあった

60年来の友人の野際陽子さん(右)と黒柳徹子
60年来の友人の野際陽子さん(右)と黒柳徹子

 肺腺がんのため13日に死去した女優の野際陽子さん(享年81)の親友だった黒柳徹子(83)が長文の手紙で別れを惜しんだ。

 野際さんと60年来の親友だった黒柳。手紙で「私は、あなたの感覚が、好きだったし、何より正直だった清らかなあなたが好きでした」と悼んだ。

 野際さんが1958年にNHKにアナウンサーとして入局した頃、黒柳はNHK放送劇団でテレビ女優として活動。「その頃からもう気が合っていて、一緒にフランス語を習ったり、同じお洋服屋さんで、お洋服を作ってもらったり」と振り返った。

 野際さんが出演していたテレビ朝日のドラマ「やすらぎの郷」も楽しみにしていたといい「この2、3日は、ずっとあなたのことを考えていました。どうしてでしょうね」と“虫の知らせ”があったことも明かした。「“死”ぬときのことなんかも、呑気(のんき)に話しあっていましたね。次に、あなたにお会いしたとき、どんなだったか話しあいましょうね」と“再会”時のおしゃべりも約束。親友の訃報に喪失感は大きく「野際さん、あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです」と悲しい胸中をつづった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >