2017/07/14 07:01

文枝“日本一の高座” 創作落語奉納、演目は「富士山初登頂」

富士山山頂にある富士山本宮浅間大社の鳥居をガッツポーズでくぐる桂文枝(中央)
富士山山頂にある富士山本宮浅間大社の鳥居をガッツポーズでくぐる桂文枝(中央)

 落語家の桂文枝(73)が13日、富士山頂で創作落語を奉納した。午前4時15分、富士宮口5合目を出発。標高2400メートルで1時間、高度順応した後、登山を開始。山頂までの4ルート中、最も高い標高から最短ルートで挑んだが、途中風雨に見舞われ、ガイドから「遭難の可能性もある」と言われ、文枝が弱気になる場面もあった。周囲からの「まだ行ける」という声に必死に登り、予定より約2時間半遅れ、午後2時半ごろ、霧に包まれた山頂に到着した。記念撮影では笑顔で「富士山頂へ、いらっしゃーい」と喜びのひと言。その後、羽織はかまに着替え、富士山本宮浅間大社社殿で関係者が見守る中、座布団に正座して演目「富士山初登頂」を披露。「日本一高い高座でやれて、心から御礼申し上げたい」と感謝した。

 同演目は自身275作目の創作落語。2004年、プライベートで富士山登頂に挑戦したが、高山病のため9合目で断念。今回は血中酸素濃度を測定する4万円の機器も購入。無念を晴らした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >