2017/08/05 10:03

NHK「悦ちゃん」“真田丸配役”が話題 家冨P「いまだに熱 ありがたい」

土曜時代ドラマ「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」で主人公・柳碌太郎(ユースケ・サンタマリア)の姉・大林鶴代を演じる峯村リエ(C)NHK
土曜時代ドラマ「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」で主人公・柳碌太郎(ユースケ・サンタマリア)の姉・大林鶴代を演じる峯村リエ(C)NHK

 NHK土曜時代ドラマ「悦ちゃん 昭和駄目パパ恋物語」(土曜後6・05)に、峯村リエ(53)岡本健一(48)西村まさ彦(56)と昨年の大河ドラマ「真田丸」を彩ったキャストが出演し、SNS上で話題を呼んでいる。

 原作は、戦前から戦後にベストセラーを連発した昭和の流行作家・獅子文六の同名小説。昭和10年の東京を舞台に、大衆歌の作詞家・柳碌太郎(ユースケ・サンタマリア)の恋模様を描く。

 「悦ちゃん」のプロデューサー・家冨未央氏は「真田丸」のプロデューサーとしてキャスティングを担当。今回の配役については「『真田丸』を意図したわけではないんですが、落合将チーフプロデューサーや大原拓監督と話し、気付いたら結果的にこうなっていました」と説明した。

 峯村が演じるのは、主人公の姉・大林鶴代。「ビシッとで、全うなことを言い放つキャラクター。『真田丸』の大蔵卿局じゃないですが、峯村さんの右に出る者はいないと確信して、お願いしました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >