2017/09/16 10:01

エウレカ 三瓶由布子 溶け合う感情「私なのかレントンなのか…」

劇場版アニメ「エウレカセブン ハイエボリューション1」で主人公レントンの声を担当する三瓶由布子
劇場版アニメ「エウレカセブン ハイエボリューション1」で主人公レントンの声を担当する三瓶由布子

 人気ロボットアニメの劇場版「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が16日、公開された。14歳の主人公レントンを担当する三瓶由布子さんがインタビュー後編で語ったのは、役との距離感。キーワードは“2人の感情が溶け合う”感覚――。

 「涙が止まらなくなりました。感動しているのがレントンなのか自分なのか、よく分からなくなりました」。三瓶が劇中のあるシーンを振り返った。それは2005年から放送のテレビ版で「サマー・オブ・ラブ」と呼ばれていた10年前の“大災害”。レントンの父アドロックが命を懸けて世界を救った様子も含め、今作で初めてその全容が描かれた。

 レントンはまだ幼かったため、記憶の中にはサマー・オブ・ラブも父もほとんどないという設定。ただ「世界を救った英雄」と聞かされ続けてきた父への思いは複雑だ。英雄の息子であることの居心地の悪さも描かれた。

 05年テレビ版でレントンを演じていた三瓶自身もサマー・オブ・ラブと父の死の全容については劇場版で初めて知った。「(アドロックは)あんな風に生きて、こんなに一生懸命になって戦い、汗水垂らして頑張ったんですね」。それはレントンとして、アドロックに対して12年間抱えてきた寂しさ、疎ましさなどのネガティブな感情が氷解した瞬間だったのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >