2017/10/07 15:01

朗読劇の金字塔「ラヴ・レターズ」12月に青井陽治氏追悼公演 新演出は藤田俊太郎氏

翻訳家・演出家の青井陽治氏の追悼公演として上演される朗読劇「ラヴ・レターズ」でカップルを組む尾上右近(左)と松井玲奈
翻訳家・演出家の青井陽治氏の追悼公演として上演される朗読劇「ラヴ・レターズ」でカップルを組む尾上右近(左)と松井玲奈

 今年9月1日に亡くなった翻訳家・演出家の青井陽治氏(享年69)が四半世紀にわたって訳・演出を手掛けた朗読劇の金字塔「ラヴ・レターズ」が追悼公演として12月17日に東京・EXシアター六本木で上演される。青井氏の薫陶を受けた気鋭の演出家・藤田俊太郎氏が演出を引き継ぐ。カップルは青井氏はキャスティングした歌舞伎俳優の尾上右近(25)と女優の松井玲奈(26)。青井氏への追悼を込め「ラヴ・レターズ」は次の一歩を踏み出す。

 1990年8月の初演以来、延べ469回、26年間にわたって読み継がれてきた「ラヴ・レターズ」は米作家A・R・ガーニー氏作。89年にニューヨークで初演されるや、全世界で上演され、静かな感動を巻き起こした。大掛かりな仕掛けはなく、テーブルと2脚のイスというシンプルな舞台。並び座る男優と女優が、大人になって再会する幼なじみアンディーとメリッサの恋物語を読み上げるだけの2時間。日本初演は90年8月19日、役所広司(61)と大竹しのぶ(60)が出演した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >