2017/11/09 08:01

「風雲児たち」演出・吉川邦夫氏 テーマは“知の冒険”「真田丸」勢の新しい魅力を

NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」で共演する(左から)新納慎也と片岡愛之助
NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」で共演する(左から)新納慎也と片岡愛之助

 昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の脚本を担当し、ブームを巻き起こした劇作家・三谷幸喜氏(56)の新作ドラマとして注目される同局の正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」は来年1月1日午後7時20分から放送される。演出を手掛けるNHKエンタープライズのエグゼクティブ・ディレクター、吉川邦夫氏がクランクインを前に演出プランを明かした。

 「真田丸」の後、三谷氏の新作ドラマ脚本は今回が初。原作は今年、画業50年を迎えた漫画家・みなもと太郎氏(70)の同名大河歴史ギャグ漫画。今回は片岡愛之助(45)と新納慎也(42)を迎え、前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”を描く。

 西洋医学書「ターヘル・アナトミア」の日本初の和訳に一心同体で取り組んだ良沢(愛之助)と玄白(新納)の2人。鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げた。しかし、刊行された「解体新書」に良沢の名前はなく、名声は玄白だけのものとなった。2人の間に一体、何が起きたのか…。笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが生まれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >