2017/11/09 14:01

流行語大賞 候補30語決定「藤井フィーバー」「空前絶後の」「忖度」「ちーがーうーだーろー!」

「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた(上段左から)サンシャイン池崎、ブルゾンちえみ、豊田真由子氏(下段左から)桐生祥秀、藤井聡太四段 加藤一二三氏
「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた(上段左から)サンシャイン池崎、ブルゾンちえみ、豊田真由子氏(下段左から)桐生祥秀、藤井聡太四段 加藤一二三氏

 年末恒例「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補30語が9日、同賞の事務局から発表された。今年は史上最年少プロ棋士の藤井聡太四段(15)が公式戦デビュー29連勝の新記録を樹立し、将棋界に脚光。将棋関連から「藤井フィーバー」「ひふみん」がノミネート。将棋界初の年間大賞を狙う。芸能関連からは「空前絶後の」「35億」、スポーツ関連からは「9・98(10秒の壁)」、政治関連からは「忖度(そんたく)」「ちーがーうーだーろー!」「魔の2回生」、インターネット関連からは「インスタ映え」「フェイクニュース」「ユーチューバー」などが選ばれた。今年の傾向について、同賞の事務局は「言葉そのものに勢いがなく、低調な年と言えるのではないか。息の長い流行語も少なく、事象をそのまま直接的に捉える言葉も多かった」と総括した。トップテン&年間大賞は12月1日に決まる。

 事務局が「その(低調な)中でも、流行語とは言えないが、日本で初めて10秒の壁を破った桐生祥秀選手、29連勝の藤井フィーバーは希望を与えてくれた事象であった」と挙げたのが、藤井四段のフィーバー。6月26日、公式戦29連勝を達成。勝敗を速報した後、対局場と中継を結んだNHK「ニュースウオッチ9」(月~金曜後9・00)の平均14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマーク。対局を生中継したインターネットテレビ局「AbemaTV」の視聴数は歴代2位(当時)となる793万9000を記録。関連グッズも飛ぶように売れるなど、大きな話題を呼んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >