2017/11/12 10:03

染五郎「覚悟決めた」いざ幸四郎の道 「ぼくはぼくとしての幸四郎を」

十代目松本幸四郎の襲名へ意気込む市川染五郎
十代目松本幸四郎の襲名へ意気込む市川染五郎

 来年1月に十代目松本幸四郎を襲名する歌舞伎俳優の市川染五郎(44)は、上演中の東京・歌舞伎座11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」(25日まで)をもって、染五郎の名前と別れを告げる。父から引き継ぐ大名跡。「まだ実感は湧かない」と正直な思いを吐露しながらも、「覚悟は決まっています」。幸四郎の名前で刻む新たな歴史を前に、区切りの舞台で躍動している。

 父の松本幸四郎(75)が松本白鸚、息子の松本金太郎(12)が市川染五郎と、親子3代の同時襲名を記者発表してから、すでに1年がたつ。それでもまだどこか面はゆく「父はもちろん、祖父も幸四郎でした。ぼくのよく知る2人の名前を自分が、というのは正直まだしっくりこないです」と苦笑いする。もっとも「(来年1月からの)襲名披露では口上が毎日あるので、次第にしっくりくるんでしょうね」と想像している。

 高麗屋(一門の屋号)は、歌舞伎にとどまらず幅広いジャンルの演劇に挑戦してきた伝統がある。八代目の祖父はシェークスピアの戯曲を愛し、九代目の父は「ラ・マンチャの男」「王様と私」などミュージカル界にも大きな功績がある。「父の挑戦を見て育った」という染五郎も、役者としてさまざまなジャンルで活躍してきたが、ひょっとしたらこの家系でも屈指の“歌舞伎好き”かもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >