2017/11/12 18:08

個性派教師と青春だけではない…新感覚「学園ドラマ」に視聴者も「考えさせられる」

ドラマ「明日の約束」に出演の(左から)仲間由紀恵、井上真央
ドラマ「明日の約束」に出演の(左から)仲間由紀恵、井上真央

 “学園ドラマ”といえば「3年B組金八先生」や「GTO」「ごくせん」などの個性的な教師が主人公であったり、「WATER BOYS」や「野ブタ。をプロデュース」など生徒たちの青春物語を描いた作品が定番だった。この秋のドラマは学校を舞台にしながらも“ミステリー”や“学校改革”というこれまでになかった新しいタイプの学園ドラマがラインナップされている。

 スクールカウンセラーの主人公がある男子高校生の死の謎を追うという、学園ドラマにミステリーの要素を取り入れた意欲作が井上真央主演「明日の約束」(フジテレビ、毎週火曜午後9時)。生徒の死の真相に迫るうち、クラス内のいじめや部活動でのトラブルなど学校内だけの問題ではなく、家庭内でも彼を溺愛し過干渉を続けてきた“毒親”(仲間由紀恵)の存在が明るみになるなど、死に至った理由が複数浮かび上がってくる。

 犯人は誰?というわかりやすい構図で展開するのではなく、軽い気持ちだった無視がいじめになってしまったと罪悪感にさいなまれる生徒たち、過去に体罰問題を起こしたことで疑惑をかけられてしまう部活顧問、さらに亡くなった生徒と同じく過干渉の“毒親”に悩まされる主人公など、その死が登場人物それぞれに与えた影響を多角的に描いているのが深い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン