2017/11/29 11:01

根強い不仲説も…白鸚襲名で期待高まる吉右衛門との兄弟共演

襲名披露パーティーを開いた(左から)松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎
襲名披露パーティーを開いた(左から)松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(75)、市川染五郎(44)、松本金太郎(12)が来年1月2日の東京・歌舞伎座での襲名披露公演で、それぞれ松本白鸚、新幸四郎、新染五郎となる。親子3代の同時襲名は37年ぶりで、11月26日に行われた襲名披露祝賀会には各界の著名人ら約1300人が3人を祝って、大盛況となった。

 ただ、少しやきもきしたことも。続々と歌舞伎役者が会場に到着しているのに、幸四郎の実弟で人間国宝の中村吉右衛門(73)がいっこうに姿を見せない。歌舞伎界の周辺では2人の不仲説が根強く残っているため、ちょっとした緊張感も走ったが、“真打ち”は会が始まる直前にようやく登場した。関係者によると、到着がギリギリになったのは、12月に国立劇場での歌舞伎公演を控えているため、その稽古と準備が押していたからということだった。

 歌舞伎ファンには有名な話だが、この兄弟、今の時代では考えられないような生い立ちを送った。父は8代目松本幸四郎。祖父は初代中村吉右衛門。しかし、初代には男子が生まれず、2人の母・正子が1人娘だった。正子は「男の子が2人生まれたら、次男はお父さんの養子に致します」と初代に約束。その通り2人が生まれ、次男が祖父の養子となった。戸籍上は母親が姉で、兄は甥っ子。吉右衛門は少年時代、その奇妙な血縁関係に随分悩んだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >