2017/12/03 07:01

ポーランド出身女流棋士 絶対エースFWレバンドフスキは「飛車」

ポーランド出身で初の外国人女流棋士となったカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(フェイスブックから)
ポーランド出身で初の外国人女流棋士となったカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(フェイスブックから)

 サッカーW杯ロシア大会の1次リーグで、日本の対戦相手がコロンビア、セネガル、ポーランドに決定。ポーランド出身の将棋のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(26)は2日、本紙の取材に自国のエースを「飛車」に例えた。

 母国と日本が対戦することを朝、ポーランド語のネットニュースで知ったというステチェンスカは「驚いたけど、面白いことになったと思った」と話した。「どこかのイベントかスポーツバーで、日本の友達と応援したい」と試合当日を楽しみにしている。

 サッカーと将棋には共通点が多いと言われる。「攻撃と守備があって、みんなで守りを固めたり。ゴールキーパーが“王”かな」。好きな選手として「ポーランドの人はみんな尊敬している」という独バイエルンMのFWレバンドフスキの名前を挙げた。

 絶対的エースを将棋の駒に例え、縦と横にどこまでも動ける「飛車」とした。「将棋は飛車のいる場所によって、居飛車や振り飛車といった全体の戦略が変わる。代表のキャプテンだし、彼の動きでチームの戦い方が決まると思う」と、自身の攻撃力に加えて、フィールド全体を支配する影響力があると指摘。敵陣に入り「竜」に成ると、さらに手が付けられなくなる。日本代表には、レバンドフスキの動きを、何手も先まで読むことが求められそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >