2018/01/12 10:18

亀梨和也「FINAL CUT」現場での“イケメンなしぐさ”とは

ドラマ「FINAL CUT」制作発表会見に登壇した(前列左から)橋本環奈、栗山千明、藤木直人、杉本哲太(後列左から)やついいちろう、林遣都、水野美紀 
ドラマ「FINAL CUT」制作発表会見に登壇した(前列左から)橋本環奈、栗山千明、藤木直人、杉本哲太(後列左から)やついいちろう、林遣都、水野美紀 

 KAT―TUNの亀梨和也(31)主演のフジテレビ系ドラマ「FINAL CUT」(火曜後9・00)が9日にスタートした。

 放送に先がけて6日に都内で行われた記者会見では、撮影の合間に見せる、亀梨の“あるイケメンなしぐさ”に、共演者がこぞってメロメロになっていることを告白、会場の笑いを誘った。

 そのしぐさとは、相手に背中を向けた状態からやおら振り返り、二枚目の口調でカッコイイ一言を返すというもの。具体的には会見で「エレキコミック」やついいちろう(43)が語ったエピソードから想像してほしい。

 「撮影初日に僕のせいで、すごく撮影がおしちゃった。撮影後にごめんねと謝ったら、いきなりバッと振り返って“役者は、待つのが仕事ですから…”。一言だけ発して、さっそうと帰っていった」

 その後は亀梨の“振り返って一言”エピソードが続々。水野美紀(43)が「クリスマスイブに、けっこう緊迫したシーンを撮っていた。亀梨さんは真剣で、クリスマス気分なんてないのかなと思って見てたら鼻歌でジングルベルを歌っていた。思わず“クリスマス気分やん!”とツッコんだら、バッ!と振り返って“1年に、1度ですから”って」と身振りとイケメン口調を実演しながら証言。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >