2018/01/14 11:31

赤井英和、俳優転身30年「赤井やないとあかんと言われるように…」

「“やっぱり赤井やないとあかん”と言われるように」と意気込む赤井英和
「“やっぱり赤井やないとあかん”と言われるように」と意気込む赤井英和

 俳優の赤井英和(58)が芸能生活30周年を迎えた。ボクサーを経て1989年公開の映画「どついたるねん」(監督阪本順治)で転身。過酷だった同作の撮影や思い出の出演作を振り返り「“やっぱり赤井やないと”と言われるように」と今後への意気込みを語った。2月は大阪松竹座での初の座長公演「泣いたらアカンで通天閣」(1~10日)に出演する。

 「あれよりきついと思った作品はありません」。30年前を振り返る言葉に実感がこもる。「どついたるねん」は赤井同様、阪本監督にとってもデビュー作。監督自ら「33日間の撮影で、11キロぐらいやせた」と著書「孤立、無援」(ぴあ)に書く。赤井にもストイックさを求めた。

 「今体重なんぼ?」「71キロです」「明日68キロで」

 現役時代のリングでもリミットは63・5キロ。撮影前に84キロあった体重を削ってつくった71キロを一層削れという。夜食を断念して朝、カッパを着て走った。予習すべきセリフは疲れ切った心身に入ってこなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >