2018/02/05 11:02

性描写も注目の映画「娼年」真飛聖&冨手麻妙が松坂桃李を“娼夫”の道に…場面写真を公開

映画「娼年」に出演する(左から)冨手麻妙、真飛聖、猪塚健太(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会
映画「娼年」に出演する(左から)冨手麻妙、真飛聖、猪塚健太(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

 俳優の松坂桃李(29)が主演を務め、鬼才・三浦大輔監督による性描写も注目される映画「娼年」(4月6日公開)に女優の真飛聖(41)、冨手麻妙(23)、俳優の猪塚健太(31)が出演。3人の場面写真が披露された。

 原作は、2001年の直木賞候補にもなった作家・石田衣良氏の同名恋愛小説。性の欲望をありのままに描く刺激的な内容に加え、さまざまな女性たちと体を重ねて向き合い、自らも成長と変化を遂げる主人公の娼夫リョウの姿を繊細に紡ぎ、多くの女性から共感を集めた。

 16年8月に三浦監督演出、松坂主演により舞台化され、一糸まとわぬ出演者の熱演が大きな反響を呼んだ。困難と言われた映画化に、2人が再びタッグを組んだ。

 今回、公開された場面写真はリョウが働く女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のメンバー。

 大学生活や女性との関係にも充実感を感じられず、バーテンダーのバイトに明け暮れる森中領(松坂)。ある日、領の中学校の同級生でホストクラブに勤める田嶋進也(小柳友)が御堂静香(真飛)という女性ををバーに連れてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >