2018/02/10 09:02

好評「アンナチュラル」野木亜紀子氏、逃げ恥ヒットの重圧なし 他ドラマ“援用”の狙いとは

金曜ドラマ「アンナチュラル」に主演する石原さとみ(C)TBS
金曜ドラマ「アンナチュラル」に主演する石原さとみ(C)TBS

 石原さとみ主演のTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」(金曜後10・00)内で、登場人物が他の人気法医学ドラマに続々と言及し話題となっている。第1話では米国の人気犯罪捜査ドラマシリーズ「BONES」、第2話では「臨場」「科捜研の女」(ともにテレビ朝日)が登場。第2話放送中には「科捜研の女」の主演を務める女優・沢口靖子(52)がSNSのトレンドワードとなった。劇中で同ジャンルの他ドラマを“援用”する狙いについて、「逃げるは恥だが役に立つ」(16年)を大ヒットさせ、「アンナチュラル」でますます注目を集める脚本家の野木亜紀子氏に聞いた。

 ◆ブームは「狙って起こせるものではない」 “逃げ恥”大ヒットの重圧なし

 16年に野木氏が脚本を務めた同局「逃げるは恥だが役に立つ」は初回平均視聴率10・2%からスタートし、最終話では、倍増以上の20・8%で有終の美を飾る大ヒット。さらに、エンディングで出演者が披露する「恋ダンス」は社会現象にもなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >