2018/02/11 07:03

平昌から東京へ3つの教訓 プランニングチーム山崎貴監督が現地視察

平昌五輪開会式で、凍った川に設置された花火が打ち上げられた
平昌五輪開会式で、凍った川に設置された花火が打ち上げられた

 平昌五輪の開会式から一夜明けた10日、生で観覧した映画監督の山崎貴氏(53)が現地で感じたことをスポニチ本紙に語った。2020年東京五輪・パラリンピック開閉会式の演出を手掛けるチームのメンバーとして視察。演出方法や盛り上げ方など多くの教訓を得て、2年後の大舞台の糧にする。

 山崎監督はこの日朝、本紙の電話取材に「五輪の開会式を生で見たのは初めて。神聖な場所にいて、世界中から多くの人が集まっている迫力を感じました」と感激していた。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が立ち上げた「4式典総合プランニングチーム」の一人で、メンバーの音楽家・椎名林檎(39)らと開会式を視察。東京五輪で生かしたい主な演出面の教訓として3点を挙げた。

 まず、会場外の上空を飛ぶ1218台のドローンが五輪マークを作るパフォーマンスが話題になったが「キーになる演出なのに、会場にいても映像でしか見られなかったのでもったいない。演出と現場の温度差を是正したい」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >