2018/02/14 07:04

国民栄誉賞励みにさらなる境地…羽生竜王「限界に挑戦したい」

記念の盾を手に笑顔の羽生善治竜王(左)と井山裕太七冠
記念の盾を手に笑顔の羽生善治竜王(左)と井山裕太七冠

 将棋の羽生善治竜王(47)と囲碁の井山裕太7冠(28)が13日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。羽生は永世7冠の資格を昨年末に獲得し、井山は全7タイトルを2度にわたって独占する、ともに史上初の快挙を達成したレジェンド同士。式後の記者会見ではにこやかに対応した羽生に対し、井山は生真面目なコメントに終始するなど、個性あふれる受け答えを展開した。

 長女・舞花さん(20)を同伴した羽生は満開の笑顔だった。記念盾を抱えながら安倍首相との記念撮影。「今まで表彰を受ける機会はかなりあったと思うんですけど、今日は、ちょっと緊張しました」とユーモアを交えて振り返った。

 誰もが簡単に手にすることのない栄誉。「改めて大変名誉ある賞を頂いた。これを大きな励みとして引き続き棋士として前向きに進んでいかなくてはという決意を新たにしました」と流れるように感慨を口にした。記念品の雨端硯(あまはたすずり)や熊野筆については「筆を使って書く機会が多いので、とても素晴らしい書に関する一式を頂きました」と感謝の弁を述べた直後に「ただ記念の品なので、もったいなくて使えるような感じはないかなと思っています」とサービス精神たっぷりの一言を付け加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >