2018/02/14 10:03

大杉漣の背中を見続けた松重豊「初共演の経験が指針」30年経て「バイプレイヤーズ」は“寄港地”

テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」で再び共演、対談を行った大杉漣(左)と松重豊
テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」で再び共演、対談を行った大杉漣(左)と松重豊

 ◇大杉漣×松重豊対談(下)

 俳優の大杉漣(66)と松重豊(55)は、名脇役たちが再び本人役で共演するテレビ東京の連続ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜後9・54、全5話)のメンバー。松重の映画デビュー作「地獄の警備員」(1992年公開、監督黒沢清)で初共演して以来、約30年の付き合いになる。松重にとって、大杉は“恩人”。「今、こうやって映画や映像の仕事をしているのは、やっぱりあの経験が指針になっているのは間違いないですよね」と先輩の背中を追い掛けてきた。名バイプレイヤー対談から浮かび上がる演技論、俳優論、生き方とは――。

 約1年ぶりの復活となり、深夜(金曜深夜0・12)の40分枠からプライム帯(午後7~11時)の1時間枠に昇格。昨年1~3月に放送された前作「~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」に続き、大杉、松重、遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)光石研(56)が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休む。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >