2018/02/14 12:52

藤井五段“バレンタインデー対局” チョコは手渡し自粛令も「持ち帰れないほど」

<第49期新人王戦>10時の開始で初手を打つ藤井聡太五段(撮影・井垣 忠夫)
<第49期新人王戦>10時の開始で初手を打つ藤井聡太五段(撮影・井垣 忠夫)

 最年少棋士の藤井聡太五段(15)が14日、大阪市内の関西将棋会館で行われた新人王戦の予選1回戦で、古森悠太四段(22)との対局に臨んだ。

 くしくも“バレンタインデー対局”となったこの日。日本将棋連盟の広報担当によると、藤井宛のチョコレートは前日13日から郵送で同会館に届いており、個数については明らかにしないとしながら「とても本人が持ち帰ることができないほどたくさん」という。

 連盟は8日に同会館のツイッターで、藤井フィーバーなどによる混乱を危惧して全棋士へのこの日のプレゼント手渡し自粛を要請。その効果もあってかこの日、会館前で入り待ちするファンはおらず、混乱はなかった。

 前期の新人王戦はベスト8まで進出した藤井。現在、8連勝中と絶好調だ。この日の相手となった古森は年齢は上だが、プロ入りとなる四段昇段を果たしたのは自身より1年遅い昨年10月1日というルーキー。“後輩”プロ棋士と対局するのはこれが初めてとなる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >