2018/04/17 01:01

「半分、青い。」朝ドラ初の胎児のヒロイン登場 CG「かわいらしさ意識」ネット反響

連続テレビ小説「半分、青い。」第1話にCG映像で登場した胎児のヒロイン。ヒロインが胎児から描写されるのは朝ドラ史上初(C)NHK
連続テレビ小説「半分、青い。」第1話にCG映像で登場した胎児のヒロイン。ヒロインが胎児から描写されるのは朝ドラ史上初(C)NHK

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)が2日、始まった。脚本の北川悦吏子氏(56)が発案し、物語は“ヒロインの胎児時代”からスタート。朝ドラ史上初となる胎児のヒロインがCG映像で登場した。

 インターネット上には「天使みたい」「第1話で生まれないw」などと反響が相次いだ。

 CGを制作したのはクリエイティブカンパニー「MORIE Inc.」の森江康太氏。ミニチュア写真家・田中達也氏とタッグを組み、昨年前期の朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックを制作したことなどでも知られる。

 話し合いなどの期間も含め、完成に8カ月を要した。NHKは「朝にご覧になる方もいるので、リアル過ぎず、かといってドラマの中で登場するのでアニメ過ぎず、天真爛漫なヒロインとして愛されるようなCG映像を目指しました」と制作意図を説明。

 森江氏も「リアルな胎児と比べるとデフォルメしているところはありますが、制作にあたって、フィギュアにしても成立するようなかわいらしさというお話があったので、そこを意識してCGを作り上げました」と応えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >