2018/04/09 07:02

テレ東「ヤバい奴のヤバい飯」半年ぶり復活 衝撃再び!ロシアのカルト教団&セルビア国境難民の飯

シベリア奥地にあるカルト教団の村に生まれ育った少年の飯。「ハイパーハードボイルドグルメリポート」から(C)テレビ東京
シベリア奥地にあるカルト教団の村に生まれ育った少年の飯。「ハイパーハードボイルドグルメリポート」から(C)テレビ東京

 世界のヤバい人たちのヤバい飯を徹底取材し、昨年10月に放送され、深夜帯ながらインターネット上で大きな反響を呼んだテレビ東京の異色グルメ番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」の第2弾が9、16日と2週連続でオンエアされる。満を持して半年ぶりの復活となる今回の舞台はロシアとセルビア。再び視聴者に衝撃を与えそうだ。

 「食うことは生きること。食の現場にすべてが凝縮されている」のテーマの下、ヤバい人たちのヤバい飯を通じてヤバい世界のリアルを見るという前代未聞のグルメ番組。昨年10月の第1弾は殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャングやリベリアの元人食い少年兵など、世界のディープな人々の飯を取り上げた。話題性はもちろん、放送批評懇談会による「ギャラクシー賞10月度月間賞」に輝くなど高く評価された。

 9日(深夜0・12~1・00)は「ロシア通称カルト教団の飯」。マイナス50度になるシベリアの奥地にカルト教団の村があるという。「太陽の広場」を中心に銀河を模して作られた異様な村に暮らす信者は実に2000人。隔絶した世界で白装束をまとう。信じるのは教祖「シベリアのイエス」が書いた「最後の聖書」。そこで出会ったのは、この村で生まれ育った1人の少年。彼は何を食い、何を語るのか。さらに、北朝鮮国営レストラン、麻薬密売アパート、防空壕ハウスに潜入。誰が善で誰が悪か。ヤバい奴らの飯を通して人間の姿が浮かび上がる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >