2018/04/14 07:01

“盟友”フジ石原隆氏が語る三谷幸喜氏の凄み 企画力に感嘆 「古畑任三郎」誕生秘話明かす

脚本家・演出家の三谷幸喜氏。数々の作品でタッグを組んだフジテレビの石原隆氏が三谷作品の魅力や“盟友”との秘話を明かした
脚本家・演出家の三谷幸喜氏。数々の作品でタッグを組んだフジテレビの石原隆氏が三谷作品の魅力や“盟友”との秘話を明かした

 脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾、フジテレビ「黒井戸殺し」が14日午後7時57分から3時間スペシャルで放送される。三谷氏とタッグを組み、ドラマ「振り返れば奴がいる」「古畑任三郎」「王様のレストラン」や映画「ラヂオの時間」「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」など数々のヒット作を生み出した名プロデューサーで、現在は取締役編成統括局長を務める石原隆氏(57)を直撃。三谷作品の魅力や“盟友”との秘話などを聞いた。

 1980年代の終わりから90年の始めのフジテレビには「やっぱり猫が好き」「夢で逢えたら」「カノッサの屈辱」「カルトQ」「NIGHT HEAD」など革新的な深夜番組が次々と生まれた。当時、若手社員に深夜帯を任すシステムがあり、石原氏は3代目の“深夜の編成部長”を担当。シチュエーションコメディー「やっぱり猫が好き」は三谷氏も脚本を務めたことから、あいさつは交わしていたが、実際に一緒に仕事をしたのは連続ドラマ「振り返れば奴がいる」(93年1月クール、水曜後9・00)が最初だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >