2018/04/14 13:01

「半分、青い。」松雪泰子「母ちゃんは大丈夫」優しく、強く…ヒロイン支える受け皿に

連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの母・楡野晴を演じる松雪泰子(C)NHK
連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの母・楡野晴を演じる松雪泰子(C)NHK

 女優の永野芽郁(18)が主演を務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月~金曜前8・00、NHK総合ほか)で、ヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)の母親・晴(はる)を演じる女優・松雪泰子(45)。誰よりも娘を愛するよき理解者として、ヒロインを温かく包み込むその存在感がスタートから注目を集める。永野に対しても「“どうやっても母ちゃんは大丈夫”という受け皿でいたい」。見つめる目は母親の姿そのものだ。

 ◆本当に家族になっていく…まさにそんな感じ。

 ――初の朝ドラ出演。他の現場と雰囲気は違う?

 「撮影以外でも誰もセットから出ないで、みんなで家族みたいにずっと茶の間で話している。同じセットで撮影していくことはなかなかないので凄く楽しいですし、(歴代の出演者から)家族のようになっていくってお聞きしていましたが、まさにそんな感じで、それがまた新鮮で楽しいです」

 ――脚本は北川悦吏子さん。

 「独特で、これまでの朝ドラとは違うタッチ。北川さんが『朝ドラらしからぬ脚本』とおっしゃられていましたが、演じていてもそういう感覚はあります。鈴愛の物語ですが、母と娘との物語部分も濃く描かれているので、上京した後など、どういう風に関係性が変化していくのか楽しみです。一人の人物を長いスパンで演じるのは面白いですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >