2018/05/12 16:04

小柳ルミ子 サッカー本発売に思わず涙「新曲発売よりも嬉しい」

自書「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」刊行記念スペシャルトークショー&サイン会で感極まる小柳ルミ子
自書「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」刊行記念スペシャルトークショー&サイン会で感極まる小柳ルミ子

 芸能界屈指のサッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子(65)が12日、都内の書店で自書「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」刊行記念イベントを行った。

 イベント前には報道陣の前でもサッカー愛を爆発させ、趣味が高じてサッカー本まで出版したことに思わず涙を流した。「もう今、現実とは思えないほど興奮しています」とあいさつし、「感動してます」と話すと思わず感涙。「サッカーが好きで、ずっとノートに書きためてきたことをこのような形で本として出版できるなんて夢のよう。新曲発売よりも嬉しいかもしれない。曲というのは他力。作詞作曲家がいて、アレンジャーがいて、ある意味、神輿に担がれている感じ。サッカーに関しては自力でやってきたという自負があるので、もう文字通りお腹を痛めて産んだ子という感じがする。本当に嬉しい」と感激した。

 テレビ観戦も含めて、年間2000試合を観戦するという小柳。「大概の方には嘘だろと言われるが、オフの時は10試合、仕事がある日も5試合。平均して5、6試合ぐらい。年間にすると、2000試合ぐらい見てる。私って病気か?というぐらいサッカーを見ている。嘘偽りない観戦数です。1週間ぐらい生活をともにしないと信じてもらえないかも」と笑った。それでも「全然眠くないですし、睡眠時間を減らせば見られる。私にとっては睡眠よりもサッカーを見ることが何よりの健康法かもしれません。いつでもどこでもサッカーを見られる環境にしています」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >