2018/05/15 17:18

高畑勲さんお別れの会 ファン2000人が列 宮崎駿監督は涙でお別れ

高畑勲さんのお別れの会で、涙ながらに弔辞を読む宮崎駿監督。後方は鈴木敏夫プロデューサー
高畑勲さんのお別れの会で、涙ながらに弔辞を読む宮崎駿監督。後方は鈴木敏夫プロデューサー

 「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など数々の名作を手掛け、4月5日に肺がんのため死去したアニメーション映画監督の高畑勲さん(享年82)のお別れの会が15日、東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で営まれた。

 盟友の宮崎駿監督(77)が「お別れの会」委員長を務め、山田洋次監督(86)、押井守監督(66)、岩井俊二監督(55)、落語家の柳家小三治(78)、女優の宮本信子(73)、竹下景子(64)、瀧本美織(26)、俳優の柳葉敏郎(57)、益岡徹(61)ら約1200人の関係者が参列。午後には一般客による献花も行われ、約2000人が行列を作った。

 お別れの会委員長を務めた宮崎駿監督(77)は「パクさん(高畑さんの愛称)は95歳まで生きると思いこんでいた。自分にもあんまり時間がないんだと思う」と声を詰まらせながら盟友を悼んだ。55年前にバス停で出会った時のことを懐かしみ、「ありがとうパクさん、55年前雨上がりのバス停で声をかけてくれたパクさんの姿を忘れない」と涙ながらに呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >