2018/06/09 10:32

「魅せる麻雀」にこだわり…誰もが「先生」と呼んだ小島武夫さん 志は永遠に

09年、第1回麻雀トライアスロン雀豪決定戦に出場した時の小島武夫さん(日本プロ麻雀連盟提供)
09年、第1回麻雀トライアスロン雀豪決定戦に出場した時の小島武夫さん(日本プロ麻雀連盟提供)

 5月31日に日本麻雀連盟から発表されたミスター麻雀・小島武夫さんの訃報は麻雀業界に衝撃を与えた。同連盟の最高顧問を務める「ムツゴロウ」こと畑正憲氏(83)は本紙の取材に「ついに大きな木が倒れてしまった」と話した。その言葉どおり、小島さんは麻雀界を支える大きな柱だった。

 8日に都内で行われた通夜には、関係者、ファン合わせて約400人が弔問に訪れた。往年の麻雀ファンが大勢足を運び、中には車いすの方や、酸素吸入器を持参した方もいた。都内から訪れた男性(67)は「直接会ったことはなかったけれど、自分に麻雀を教えてくれたのは小島先生だった」としのんだ。

 業界の大御所を“先生”と呼ぶことは多々あるが、小島さんの場合、関係者だけでなく一般のファンまで“小島先生”と呼ぶ。先の男性のように小島さんで麻雀を知った、直接でなくても著書やテレビを通じて小島さんから麻雀を教わったという方が多いのだろう。記者も初めて麻雀で遊んだ頃に買った本が小島さんの「絶対負けない麻雀―読むだけで強くなる驚異の麻雀戦術」だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >