2018/06/13 10:20

「末路本」がベストセラーになった著者の末路

日経BP社でインタビューに応じた「宝くじで1億円当たった人の末路」の著者鈴木信行さん
日経BP社でインタビューに応じた「宝くじで1億円当たった人の末路」の著者鈴木信行さん

 「末路」という言葉を聞くと、おどろおどろしい結末を連想しがち。そう思いつつ結局どうなったか知りたいのが人の性だろう。そんな人間心理も後押ししたのか、昨年3月に発売された書籍「宝くじで1億円当たった人の末路」(日経BP)が累計15万部のベストセラーになっている。

 4月からはKis―My―Ft2主演のドラマ「○○な人の末路」(日本テレビ)が放送中。深夜帯にもかかわらず視聴率は好調で、原案になった「末路本」が再び注目される好循環を生んでいる。

 同書は「宝くじで1億円当たった人」「事故物件を借りた人」など誰もが気になる人の末路を著者と専門家が解き明かしたもの。そこで、知りたくなるのが「末路本」がベストセラーになった著者の末路ではないだろうか。

 実際、著者の鈴木信行さん(50)に出版してからこの1年の環境に変化があったか聞いてみると「あんまりないっちゃないですね」とあっさり。これまでどおり、経済誌「日経ビジネス」の副編集長として従事していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >