2018/06/14 06:36

「モンテ・クリスト伯」にハマる理由は“容赦のない描写”

「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」制作発表に出席した(左から)高橋克典、大倉忠義、ディーン・フジオカ、山本美月、新井浩文
「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」制作発表に出席した(左から)高橋克典、大倉忠義、ディーン・フジオカ、山本美月、新井浩文

 ディーン・フジオカ主演の「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(フジテレビ・木曜、14日の最終回は通常より1時間早い午後9時から2時間スペシャル)が、回を追うごとに話題となり、最終回への期待が膨らんでいる。盛り上がり続ける視聴者の声を拾うと、そこには時に目をそむけたくなるような“容赦のない描写”があった。

 「エグイ展開で、目が離せない」(56歳女性)、「復讐鬼の怖さが回を追う毎に増していきハマっていく」(66歳女性)、「ボーっと見ているとダメなドラマ。いろいろ衝撃的!」(30歳女性)…。テレビの視聴分析を行っているデータニュース社(東京)のテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象2400人)に集まる番組視聴後の感想にはどれも、復讐劇や目を覆いたくなるような描写に対する衝撃が伝わってくるものばかり。刺激が次の刺激欲求を呼び、最終回は時間も延長することから、「ボーっと見ているとダメ」な展開になるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >