2018/07/08 10:02

「半分、青い。」朝ドラに不可欠“喪失”が共感呼ぶ 永野芽郁が鈴愛のどん底を体現 「ロンバケ」南を彷彿

連続テレビ小説「半分、青い。」第79話の1場面。仕事も恋も絶不調、生気を失い、髪の毛もボサボサになった鈴愛のどん底を体現した永野芽郁(中)(C)NHK
連続テレビ小説「半分、青い。」第79話の1場面。仕事も恋も絶不調、生気を失い、髪の毛もボサボサになった鈴愛のどん底を体現した永野芽郁(中)(C)NHK

 女優の永野芽郁(18)がヒロイン・鈴愛を演じるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)は折り返しを迎えた。俳優の豊川悦司(56)が怪演した人気少女漫画家・秋風へのロス現象も冷めやらぬ中、新章「人生・怒涛編」がスタート。ドラマ前半、3カ月かけて描いたのは朝ドラに不可欠な「喪失」だった。仕事も恋も失った鈴愛のボロボロの姿は、今作を手掛ける脚本家・北川悦吏子氏(56)の代表作「ロングバケーション」のヒロイン・南を彷彿。「みんなの朝ドラ」(講談社現代新書)などの著書で知られるドラマ評論家の木俣冬氏は、鈴愛の喪失感が視聴者の共感を呼び、高視聴率にも結び付いていると分析。その苦悩を全身で表現している永野の熱演を称えた。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 「半分、青い。」が放送3カ月を過ぎてガラリと様変わりした。 第34話(5月10日)から第81話(7月4日)までの「東京・胸騒ぎ編(漫画家編)」が終わり、翌5日から始まった「人生・怒涛編」は前半の3カ月と後半の3カ月が一見きれいに切り分けられたかのようにも感じられ、今から見ても大丈夫そうだ。もちろん最初から見ている人は引き続き、鈴愛の人生行路を楽しめるだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >