2017/11/19 12:00

NMB新曲「ワロタピーポー』 夏目漱石の「草枕」オマージュ?

ノリノリダンスも話題 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(白間美瑠公式ツイッターより)
ノリノリダンスも話題 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(白間美瑠公式ツイッターより)


11月15日放送の『ベストヒット歌謡祭2017』(日本テレビ系)で、NMB48が新曲となる17thシングル「ワロタピーポー」を初披露。ネット炎上がテーマで、昨今のネット事情を風刺する歌詞であることから、ネットでもおおいに話題になっている。

ダンサブルな曲調で、匿名で騒ぐネット炎上の特徴を「揚げ足」「犯人探し」「魔女狩り」などといったワードとともに、ノリノリで歌い上げる同曲。作詞は秋元康で、「とかくに人の世は住みにくい」とつづった夏目漱石の『草枕』を彷彿とさせる部分もあるほか、『草枕』の“草”は、ネット用語で“笑う”という意味を指すことからも、“「ワロタピーポー」は『草枕』へのオマージュなのではないか”という説が浮上している。

Twitterには、まずタイトルがネット用語であることに衝撃を受けた人から、

“ワロタピーポーって題名で秋元康が迷走してる画が見えた”
“NMBの新曲タイトルが「ワロタピーポー」らしいけど、そろそろ秋元康の語彙力が心配になってきた。”
“最近秋元先生疲れてんのかな曲名がもうネタ路線やねんけどなワロタピーポーとかもうワロタやん”

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >