2017/12/03 11:58

実写版『海猿』契約終了で国分太一主演NHK版に注目集まる


漫画『海猿』の作者・佐藤秀峰氏が11月28日、実写版『海猿』とのすべての契約が2017年10月に終了したことをTwitterで報告した。

『海猿』は命を懸けて海上での救命活動を行う海上保安官(潜水士)の姿を描いた漫画で、1999年から2001年に『週刊ヤングサンデー』で連載。2004年には伊藤英明主演で、フジテレビが映画化。2005年には、同じキャストで連続ドラマ化しフジテレビで放送された。その後、2012年までに全4本の実写映画が公開され、いずれも大ヒットを記録した。

しかし、2012年に佐藤氏は、アポ無しでフジテレビが同氏の事務所に取材にきたり、契約書無しで関連書籍が出版されたりといったトラブルがあったことをTwitterで告白。フジテレビとは関係を絶ち、新たな『海猿』の映像化も許可しないと表明していた。

そして、2017年11月28日、佐藤氏はTwitterに、

“遅ればせながらご報告です。
実写版「海猿」は2017年10月で全ての契約が終了しました。
今後、テレビやネットで放送、配信されることは永久にありません。
今までありがとうございました。”

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >