2018/01/18 12:00

『ポプテピピック』の中毒性に「電子ドラッグ」の声も

Twitterには「ポプテピピック」イラストが多数投稿されるなど大人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「ポプテピピック」公式サイトより)
Twitterには「ポプテピピック」イラストが多数投稿されるなど大人気 ※この画像はサイトのスクリーンショットです(「ポプテピピック」公式サイトより)


2018年1月スタートのアニメの中でもひときわ異彩を放っている『ポプテピピック』(TOKYO MXなど)。中毒性の強さから「電子ドラッグ」という声まで出ている。

『ポプテピピック』は竹書房のWEBコミックサイト「まんがライフWIN」で連載中の大川ぶくぶによる4コマ漫画。ポプ子とピピ美による、時事やパロディを交えた、ブラックユーモアたっぷりの風刺ギャグが特徴だ。中でも、作中で出版元の竹書房の社屋を破壊したり、社名の看板に「指定暴力団」と書き込み警察に通報したりする“竹書房ネタ”がSNSで人気を集めた。

昨年12月、アニメ放送にさきがけPVが公開された際には、“公式”が自ら「あのクソマンガがアニメ化」とうたい、キャッチコピーにも「どうあがいても、クソ」とあるように“クソ”を自称。そのためネットでは、ほめ言葉として“クソアニメ”と呼ばれている。

アニメではパロディネタに『君の名は。』『クロノトリガー』『るろうに剣心』などが登場して話題となったが、特にユーザーの注目を集めるのは声優のキャスティングだ。アニメは前半と後半の2パートあり、後半は、前半と同じ内容を声優だけを入れ替え“再放送”として放映。人気声優の悠木碧や竹達彩奈のほか、三ツ矢雄二と日高のり子の『タッチ』コンビ、『ドラゴンボール』で知られる古川登志夫と千葉繁などを起用した。ほかにも作中のワンコーナー「ボブネミミッミ」など終始クセの強いネタ満載の内容が話題を集めている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >