2018/06/13 09:00

俳優・新井浩文が明かす「日本に映画俳優がいない理由」に視聴者絶句

2018年には、公開予定を含めると5作品に出演。立派な
2018年には、公開予定を含めると5作品に出演。立派な"映画俳優"といえる ※この画像はサイトのスクリーンショットです(新井浩文所属事務所公式サイトより)


映画『アウトレイジビヨンド』などへの出演で知られる俳優・新井浩文が、6月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。お笑い芸人の千原ジュニアや俳優の三浦誠己とともに、映画俳優のギャラ事情について語っていた。

2002年の『青い春』に準主役として出演した新井。高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞するなど、高い評価を得て出世作となる。その際に、「凄いお金いっぱいもらえると思った」が、実際のギャラは、主役の松田龍平を除く全員が10万円だったという。事務所の取り分が3割、源泉徴収で1割が引かれ、手元に残ったのは6万円だったとか。

この事実を知った視聴者たちがTwitterで、

“準主役のギャラが手取りで6万円…(´Д`)”
“映画出演のギャラがびっくりするほど安い”
“そんなものなのか……小劇場と大差ない”
“え、ほんとに!?あの最高な映画が!?新井浩文さんの最高すぎる演技が!?10万円!?!?”

と驚きの声を上げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >