2017/02/18 00:00

『北の国から』裏設定に、岡村も驚愕!

『北の国から』裏設定に、岡村も驚愕!
『北の国から』裏設定に、岡村も驚愕!
 2月6日、脚本家の倉本聰氏(82)を特集した『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)が放送された。この中で大ヒットドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の意外な設定が紹介され、ファンに衝撃を与えている。

 倉本氏の脚本術に迫ったこの日の放送では、執筆の前に半年以上の時間をかけて作るという、登場人物たちの「履歴書」が披露された。ドラマ本編で描かれないことまで書かれているというこの履歴書。たとえば、今年4月からテレビ朝日系で放送となるドラマ『やすらぎの郷』に登場する、石坂浩二(75)演じる戦前生まれのシナリオライター。この人物の場合、「何年にどんな俳優を使って」「どんな作品の脚本を書いたか」という設定から、「戦時中の疎開先」「両親の亡くなった年」というバックボーンまでが事細かに作られているという。

 そしてこの履歴書は、かつて倉本が手がけた『北の国から』でも同じように作成されていた。今回視聴者に衝撃を与えたのは、田中邦衛(84)が演じた主人公の黒板五郎の履歴書に、五郎が学生の頃に同級生を3人も妊娠させていたという過去や、友人たちの間で「一発のゴロ」という異名をとっていたという設定が書かれていたこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >