2017/05/10 13:05

実は多い!? DBで「悟空を倒した」強者たち

実は多い!? DBで「悟空を倒した」強者たち
実は多い!? DBで「悟空を倒した」強者たち
 鳥山明氏による大ヒット漫画『ドラゴンボール』(集英社)には、とてつもない強敵が次々と登場する。「星を破壊したフリーザ」や「地球人をほぼ全滅させた魔人ブウ」といった、規格外の強敵たちと激戦を繰り広げ、何度も撃退してきたのが主人公の孫悟空だ。戦いを重ねるたびに強くなっていく戦闘民族“サイヤ人”である彼は、強敵とのバトルを繰り返すことで大きく成長し、圧倒的な強さを手に入れた。そんな“敵なし”に思える悟空だが、過去の戦いを振り返ると、意外に負けも珍しくない。

 たとえば「第21回天下一武道会」の決勝戦。ここで悟空は“ジャッキー・チュン”という謎の老人と対戦。この老人は、悟空と互角以上の実力を持つ武道の達人で、激闘の末に悟空は敗北。大会の優勝を逃している。ただ、ジャッキー・チュンの正体は、悟空の師匠である亀仙人だったので、これはしかたがないところだろう。

 その次に開催された「第22回天下一武道会」でも、悟空は優勝を逃している。決勝戦の相手は天津飯。暗殺武術“鶴仙流”の使い手で、多彩な技を用いて悟空と死闘を繰り広げた。結果、ほんのわずかの差で悟空は敗北。二大会連続で優勝できないとは、後の悟空からは考えられない結末だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >