2017/05/11 15:05

東山から嵐・大野に受け継がれた「伝統芸」とは

東山から嵐・大野に受け継がれた「伝統芸」とは
東山から嵐・大野に受け継がれた「伝統芸」とは
 ジャニーズには、ライブで披露される“伝統芸”ともいえる演出がいろいろとある。たとえばワイヤーを使って宙を舞う「フライング」などは、広く知られたジャニーズの伝統芸といえるだろう。ジャニーズの舞台で演出を手がけるジャニー喜多川社長は、とにかく「普通が嫌い」で、舞台演出には観客を驚かせるような趣向が凝らされる。そんなジャニーさんの精神を受け継ぐKinKi Kids堂本光一は、3月31日まで帝国劇場で上演された主演ミュージカル『Endless SHOCK』で、フライングから2階席に着地するという演出を見せ、ファンを喜ばせた。

 他にもジャニーズの舞台の定番として、少年隊・東山紀之の世代から継承されている「マスク」という演出がある。1986年にスタートしたジャニーズ初のロングランミュージカル『PLAYZONE』の5作目、『PLAYZONE’90 SHOW劇 MASK』で、この演出が初披露されている。同作で少年隊は、初めて本人役で出演。劇中、東山が着物のような和を感じさせる衣装を身にまとい、仮面をかぶった姿で登場。そして、かぶっている仮面を次から次へと変えていくという“マスクマジック”を披露した。これは、衣装ならぬ仮面の早着替えといったイメージの演出で、嵐の大野智もこのマスクマジックを嵐ライブのソロパートで披露したことがある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >