2017/05/23 07:05

朝ドラ『ひよっこ』の“メガネっ子”松本穂香の演技力に注目!

朝ドラ『ひよっこ』の“メガネっ子”松本穂香の演技力に注目!
朝ドラ『ひよっこ』の“メガネっ子”松本穂香の演技力に注目!
 有村架純(24)が演じるヒロインのみね子が上京して以後の“東京編”から『ひよっこ』(NHK)を見始めた、という声をよく耳にする。確かに東京編はかなり面白い。松本穂香(20)を筆頭に、女子寮の面々がとにかく魅力的なのだ。シリアスな話も気づけばコメディに変わり、毎日心地良く話が終わるのもいい。5月16日放送の第38話はそんな「東京編」を象徴するような、出色の出来だった。

 この回の主役は松本が演じる青天目澄子(なばためすみこ)。前日には田舎の祖母を思い出し、みんなの前ではおどけていた澄子だったが、その後、祖母を思い出してシクシクと枕を濡らす。このシーンでもらい泣きした人も少なくないはず。だが翌日は仕事でのミスが続いたことで、澄子は主任の松下(奥田洋平・41)に強く叱られ、姿を消してしまう。みね子たちは夕食が好物のカレーなのに寮へ戻って来ない澄子を心配し、上野駅へ捜索に出かける。一方、澄子は銭湯でのぼせて病院に運ばれていた。しかも銭湯に入った理由は夕食のカレーに備えて「元気出さねばならねと思って」だったというから一同はあきれ、怒る。自分を探しにみんなが奔走していたことを知り感動する澄子は泣きながらも、バナナをほおばるのに夢中なのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >