2017/06/02 07:05

高橋名人「実はゲームが下手だった」と衝撃告白

高橋名人「実はゲームが下手だった」と衝撃告白
高橋名人「実はゲームが下手だった」と衝撃告白
 5月28日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、ファミリーコンピュータがブームになった1980年代、ゲームの達人としてカリスマ的人気を誇った高橋名人(58)が出演。ゲームが下手だったにもかかわらず、名人を名乗っていたことを反省し、オードリーの若林正恭(38)らを驚かせた。

 この日の番組は、高橋名人が“ゲームが超下手なくせに名人を名乗っちゃった先生”として登場し、生徒役のタレントらと全盛期の裏話について、トークを展開した。その中で、高橋名人は「実はゲームが超下手だった」と約30年間にわたり隠し続けてきた衝撃の事実を告白。それを聞いた若林が「これはありえないよ!」と驚いた様子を見せると、名人を名乗ることになった経緯を語り始めた。

 高橋名人によると、そもそも自身はゲームメーカーであるハドソンの宣伝部の社員にすぎなかったものの、1985年に開催された『ハドソン全国キャラバン』というファミコンの大会を宣伝するため、会社の方針で名人を名乗ることになったという。当時のハドソンには、宣伝にタレントを使うほどの財政的な余裕がなかったことから、社長が「社員の一人を有名にすればいい」と発案したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >